生きなおし

お一人様の初期おっさんの私が、人生の再起を図るブログ,
お召し上がりください。 

圧迫面接の最たるもの

最終面接が終わりました。
最終面接は会社の社長との面接でした。


それまで人事の方はとてもいい方でしたので、1次面接はリラックスして受けることができました。しかし、会社の代表となると緊張しました。


始まるまでは、言うことをメモしたものを何度も読み返したり、近くの神社にお参りに行ったり、フリスク2粒食べたりとソワソワしていました。


インターネットで会社の代表の顔は拝見させていただいていたのですが、まあ無表情で怖そう。(文句ではないですよ)


いろんなイメージトレーニングが行われました。


「なんで、うちに来るの?」


「飲食店ブランクあるみたいだけど、やる気あんの?」


みたいなこと聞かれんのかな〜なんてイメージしながら、いざ本社の面接会場へ。


受付は相変わらず、私服で疲れ切ったお嬢様(文句ではないですよ)で、案内してくださったのでお礼を言って、面接会場の中に入ることに。


会場というか4畳半の部屋でした。相変わらず人事担当の方は愛想よく応対してくださいました。


定刻より遅れること社長が参りました。


えっっと


イメージ通りでした


若いベンチャー起業の社長様です。意識の高い中で押しつぶされそうです。まさに瀬良社長のようなビンビン感、あれを愛想悪くした感じです。(文句ではないですよ)

似てますかね?


で、面接がいざ始まると人事の方が私の自己紹介をするような形で。私が話したのはホンのちょっと・・・。


社長はというと、


「うちの会社きついよ」


「目標がないとダメだよ」


「海外に行きたいみたいだけど、英語圏以外だめなの?」


「エネルギーないとダメだよ」


「はい」


「はい」





圧倒されるが、負けじと自分の意見を言いました。社長からの圧迫質問は想定済みでしたので!


横に目をやるとニコニコの人事の方。このギャップを楽しみながら面接を受けることができました。


手応えは、


「なし!!」



まだまだ、いろんな企業を受けることになりそうです。確かに今日言われたように、明確な目標を持たないとダメだなと思った私でした。


帰りの満員電車では、


「負けんぞ!!、這い上がってやる』


と小さい心に叫び続けていました。


拝啓、皆様、生きなおしの道が少しずつひらけてきています。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。